不動産業界の新ビジネス|みんなで大家さんだと気軽に始められる|初心者でも安心の投資法

みんなで大家さんだと気軽に始められる|初心者でも安心の投資法

不動産業界の新ビジネス

メンズ

問題解消の受け皿として

近年、不動産業界で新設された新しい保証人サービスで、賃貸保証会社が賃貸物件を借りたい方の保証人になるサービスの利用者が急増しています。従来の連帯保証人制度もまだ継続中ですが、現在では自分の連帯保証人を見つけるのは簡単な事ではなくなってきた事や、家賃の滞納などの金銭トラブルが家主との間で増加してきた為、これらの問題を解消する受け皿として賃貸保証会社が普及してきました。賃貸保証会社は、賃貸物件の家主側と利用者の借主側双方から手数料を得る事で、保証ビジネスを展開しており、家主は借主との家賃滞納などの金銭トラブルの回避、借主は保証人探しの手間が省けるなどの恩恵を享受できます。これらのメリットは不動産サービスでは大きな存在となっており、利用者は増加の一途をたどっています。

保証内容の確認は必須です

賃貸物件の中には連帯保証人を用意しても賃貸保証会社の利用を要求される場合があります。この様なケースは大手の不動産仲介会社に多い傾向がありますが、多くの場合は賃貸保証会社の利用を拒否する事が出来ないのが現状です。どうしても、そのお部屋にこだわるなら連帯保証人と賃貸保証会社の双方をつけるしかないでしょう。また、賃貸保証会社により保証内容が家賃に限られているものから、明け渡しの際のハウスクリーニング費用や残居物の撤去費用まで保証内容に含めている保証会社もあります。この様な保証会社は手数料が高めに設定されている傾向がありますので、複数の保証会社を選択できる場合は、貸主、借主双方とも保証内容をよく確認して利用するほうが良いでしょう。